子供のしつけ -子育てのお悩み解消.com 〜楽しく子育てを〜-



子供のしつけ


子育てでとても重要なのが「しつけ」ですよね?3歳までのしつけが
大切だとよく言われますが、その理由が、3歳までの子供は何でも吸収
してしまうと言う、素晴らしい能力を持っているからといわれています。
だからこそ、3歳までに良い刺激をたくさん与える必要があると言われ
ています。

しつけと言っても、子供を怒鳴りつける事ではありませんよね。
しつけは親の価値観を伝えることではないでしょうか?
「お母さんはこれをして欲しくない」「これを大事にしている」等、
親が何を大切にしているのかを伝えることが目的であって、厳しく
叱ることは押し付けともいえますよね。
子供のしつけに体罰や力で押さえつけるなどは有効ではないですよね。
子供の頃に力で押さえつけられた子供は大きくなった時には、同じよう
に自分より弱い立場の人を力で押さえつけたり、逆に、大きな力を持った
人に支配されたがったりする傾向が見られるようです。

生まれたての赤ちゃんは全てが初めてです。
初めてのことに触れるとき、説明がまず欲しい人と、とりあえず自身の手で
触れてみたい人、人が触れて確かめるのを待つ人と、大人になるとそれぞれ
の個性が出てきますが、赤ちゃんはとにかく触れてみます。眺めてみます。

赤ちゃんは、初めて見るものを扱う人の動作を目で追って、次にはその動作
を真似しようとしませんか?しつけとはそれで良いのではないでしょうか?
親が自ら見本を示す。難しく考えずに、自分が伝えたい事を自らの行動で
示す事で、子供のしつけに十分なるのではないでしょうか?

当サイト人気コンテンツ


   ★ お父さんの子育て
   ★ 育児と仕事のサポート体制
   ★ 子育て「お受験」
   ★ 子供のしつけ