仕事との両立のサポート体制 -子育てのお悩み解消.com 〜楽しく子育てを〜-



仕事との両立のサポート体制


子育てと仕事を両立させようと頑張る女性の為のサポート体制が法律
で幾つか定められている事はご存知ですか?まずは、

 ・妊娠中は23週までは、4週に1回検診の為の時間を確保する事が
  法律で定められていますので、雇用主は申請があった場合は拒否でき
  ません。同様に24週から35週までは2週に1回、36週以降は
  1週に1回、その他医師や助産婦さんの指示で、これを上回る場合も
  あります。

産前・産後・育児中も様々な決め事があります。

 ・妊産婦は事業主に請求することによって、時間外労働や休日出勤、
  深夜業が免除される。

 ・妊産婦は重量物を取り扱うと業務などの一定の有害な業務への就業
  が制限される。

 ・妊娠中は事業主に請求する事によって、他の軽易な業務へ変わること
  が出来る。

 ・1歳未満の子供を育てる女性は、事業主に請求する事によって1日2回
  少なくとも各30分育児時間をとることが出来る。

などの制度があります。
産前・産後の休業についても、

 ・産前6週間は事業主に申請する事によって休業する事が出来ます。

 ・産後8週間は事業主はそのものを就業させる事が出来ません。
  医師の指示のもと6週経過後、本人の請求で就業させる事も可能。

 ・妊娠、出産、産休取得を理由とした解雇その他不利益な取り扱いは禁止。

育児休業の規定は、

 ・子供が1歳に達するまでの間、事業主に申し出る事によって父親、母親
  いずれでも育児休業をとることが出来る。父親の場合は、妻が専業主婦の場合、
  労使協定の定めで、育児休業を取れない場合もありますが、少なくとも産後の
  8週間は取得可能です。

それ以外にも、出産育児一時金や、出産手当金、育児休業給付金、児童手当など、
金銭的サポートもまったく無いわけではありません。利用できる制度はきちんと
使い、無理をしない育児をしてくださいね。

当サイト人気コンテンツ


   ★ お父さんの子育て
   ★ 育児と仕事のサポート体制
   ★ 子育て「お受験」
   ★ 子供のしつけ