育児と仕事のサポート体制 -子育てのお悩み解消.com 〜楽しく子育てを〜-



育児と仕事のサポート体制


働くお母さん増えていますよね。一昔前よりも産後の女性のサポート
体制が整ってきた事や、前例があることなどから、仕事を続けたまま
出産に踏み切る方も多いようです。でも、まだまだ、社会のサポート
体制は万全とは言えないようです。厚生労働省の調査によると、
産前・産後休暇を取るなどして出産後も仕事を続けている女性は23%
にすぎません。出産1年半後に働いていた女性のなかでも、4割弱が
出産前後に一度退職しています。

まだまだ、雇用者にとって、労働者の出産、育児はあくまでプライベート
な事情であり、労働時間内に給料に見合う労働力を提供できる資質がない
と判断されれば、過去に実績を積んできた人であっても“非効率な”社員
とみなされかねないのは、悲しいながらも事実ではないかと思います。
時間の提供と会社への貢献度の見返りとして毎月お給料を頂けるのですから、
文句は言えませんが・・・。

昔のように、町ぐるみで子供を育てると言う意識が無くなったことも、
育児への参加が少なくなった原因と思います。育児参加が少なくなった為に、
育児・出産への理解もされにくいのではないかと思います。
いまは子育ては完全にその家族だけのものになってしまったために、他人に
とってはまったく関係もなければ、興味もないものになってしまいました。
いろんな人の手に触れられながら育った子供は、より多くの感情に触れること
ができる為、自分の生命や感情・他人の生命や感情を思いやることが出来る
ようになるのではないでしょうか?大事な事ですよね。
昔のように、町全体とまでは行かなくても、安心して働けるサポート体制が
確立されると嬉しいですね。


当サイト人気コンテンツ


   ★ お父さんの子育て
   ★ 育児と仕事のサポート体制
   ★ 子育て「お受験」
   ★ 子供のしつけ